tokotowa organic

押さえておきたい!ロールオン香水のつけ方・使い方

ロールオン香水のつけ方はとても簡単で、身体の様々な部位につけることができます。その時の気分に合わせて香水をつける部位を変えてみるのもおすすめです。

ロールオン香水には、アルコールベースのもの、オイルベースのもの、2種類があります。こちらでは、2つのロールオン香水に共通のおすすめの部位や使い方、それぞれのプラスのおすすめの部位や使い方についてご紹介します。

ロールオン香水をつけるおすすめの部位

ロールオン香水をつけるおすすめの部位

耳の後ろ・うなじ・手首につけることが基本です。香水は体温によって香り方が変化するため、体温が高い部位につけると香りがより引き立ちます。

耳の後ろ・うなじ

体温が高い耳の後ろやうなじは、香りがたちやすく、持続しやすい部位です。

腕や手首

脈打つ部位につけると香りがたつといわれています。メイクの前に手首につけると、香りがふわふわと漂い、メイクタイムが楽しくなります。

胸元

香水の香りを、自分にふんわり楽しみたい時におすすめの部位です。

アルコールベースの香水の場合

アルコールベースのものは、強く香らせることができるのが特徴です。ほのかに香らせたい時は、ひざの裏・太ももの内側・足首につけると良いです。香水は下から上へと漂うとされているため、下半身につけると、控えめに香りを楽しむことができます。

太ももの内側・ひざの裏

強く香らず、ふんわり香らせたい場合におすすめの部位です。

足首

汗をかくことがほとんどない足首は、つけ直しも簡単な部位です。

オイルベースの香水の場合

オイルベースのものは、香りがオイルに包まれているため強く香らないですが、香りを楽しみながら、スキンケア、爪のケア、毛先のケアなどにも使用できるのが特徴です。

爪・甘皮・手先

植物油が爪に栄養を与え、甘皮や指先の乾燥やひび割れをケアしてくれながら、香りを楽しめます。

毛先につけると、傷んだ毛先のケアをしてくれながら、風が吹いて髪がふんわりと揺れた時、ふわっと自然に香ります。

ロールオン香水をつける際のポイント

ロールオン香水をつける際のポイント
  • ころころと転がすように適量をつける
  • 数時間おきにこまめに塗り直す
  • 清潔な部位につける
  • 汗をかきやすい部位はできるだけ避ける

汗をかきやすい部位に香水をつけると、本来の香水の香りが変化してしまうことがあります。汗をかきやすい脇や足の裏などの部位は極力避けて、香水本来の香りを楽しめる部位を選びましょう。

お気に入りの香りを変化させずにお楽しみいただけます。香りが足りないと感じた場合は、少しずつ足していくイメージで、こまめに塗り直すのもおすすめです。ロールオン香水であれば、さっと塗ることができ、量も調節しやすいです。

tokotowa organicsのオーガニックロールオン香水は、持ち運びに便利なコンパクトサイズのオイルタイプのロールオン香水です。自然に優しく香るのが魅力の100%自然成分だけから作られたロールオン香水は、全5種類。天然石入りのボトルで、大切な方へのプレゼントにもぴったりです。

tokotowa organicsの通販ショップでは、無料ギフトラッピングを行っており、お友達のお誕生日や母の日のプレゼントとしても人気です。

ロールオン香水を購入するならtokotowa organics

会社名 株式会社オーガニックスタイルズ
住所 〒452-0918 愛知県清須市桃栄3丁目6
Tel 052-938-8640
Fax 052-938-8680
Mail hello@organicstyles.jp
URL https://organicstyles.jp
事業内容
  • ナチュラル・オーガニック製品を通じたライフスタイル事業
  • 各種教養講座の企画、運営
  • オーガニックコスメ開発、営業、マーケティングに関するコンサルタント業

※アロマやカラ一講座、オ一ガニックコスメ開発にご興味のある企業様は、お気軽にご連絡ください。